鬱の症状に注意【長引く憂鬱気分は心の病かもしれない】

現代人に多い心の病気

カウンセリング

患者への接し方

鬱病患者の人と接する時は注意すべき点がいくつかあります。また、相手が鬱病とは知らずに言ってはいけない言葉を発してしまうこともあります。そのような失敗のないように、事前に症状などを知っておく必要があります。相手が鬱病とわかっている時には、まず相手を受け入れてあげることが大切です。病気に罹っている本人はとても引け目に感じていて罪悪感を持っていることが多いので、黙って受け入れてあげると気持ちも落ち着くのです。まだ会社へいかないのかとか、学校をいつまで休むのかなどと質問するとますます苦しむので、逆にねぎらいの言葉をかけてあげるぐらいの優しさが必要です。鬱病の人は声の大きさにも非常に敏感なので、話しかける時は声のトーンを抑えてささやくように話しかけることです。非常にデリケートなので、大声で話しかけると苦痛を与えることになってしまいます。人間不信になっているケースが多いので、普通の人と話すよりも気を遣う必要があります。またよく言われることですが、ガンバレという言葉は禁句です。鬱病の人は頑張り過ぎて今のような症状を引き起こしていることがあるので、励まされるとかえって落ち込んでしまいます。あらゆる面で疲れて切っているので、励ましよりは労りの方がいいのです。接する人は鬱病は頑張っても治る病気ではないことを知っておくべきです。最も言ってはいけないのが批判するような言葉です。怠けているとか弛んでいるというのは禁句です。そんなことは本人も自覚しているので、言われると症状が悪化します。大事なのは聞き役に徹することです。そして全てを受け入れてあげることです。

早めに気づこう

相手がまだ鬱病と診断される前に、色々な症状を知っておくと素早い対処ができます。初期の場合は本人も自覚していないので、周囲が気づいてあげることが大切です。いつもより気分が落ち込んでいたり、今にも泣き出しそうな顔をしている時は要注意です。普段からそのような傾向の人は問題ありませんが、いつもは明るいのに急にそのような暗い表情になった時は鬱病を発症している可能性が高いのです。また好きだった趣味に興味をなくした場合も、鬱の症状の1つです。例えば、どんなに疲れたり落ち込んでいてもゴルフに行く時は元気になるような人が、ゴルフに全く興味を示さなくなった時は鬱の可能性があります。毎朝読んでいた新聞を読まなくなったり、いつもの習慣を破るような場合も要注意です。周囲から見ても、人が変わったようになってしまった場合は早めに専門医に診せるべきです。鬱の書状というのは精神的なものだけでなく、肉体的にも変化が出ます。例えば急に食欲が低下して、体重が減少することがあります。その逆に食欲が異常に出て太ってしまうこともあります。特に甘い物などを異常に欲しがったりすることもあります。これまで上げた精神的な症状に加えて、食欲についても異常性が見られる場合は早めに診察を受けさせることです鬱病では不眠症になる人が多いので、夜中に起きてしまったり、睡眠の時間帯が狂ってしまって昼間に寝ているといった状況に陥るケースがあります。不眠症はエネルギーを失うので、生きる気力もなくなります。このようになる前に、早めに症状を察知して診察を受け、適切な治療を受ければ悪化せずに治すことができます。