鬱の症状に注意【長引く憂鬱気分は心の病かもしれない】

心と体のSOS

笑顔の男性

鬱は、心の症状だけではなく、体の症状にもあらわれます。心と体は繋がっており、重要なサインを送っていることを忘れないでほしいと思います。これらの症状を読んで、少なからず思い当たる方は、一度心療内科を受診することを検討してください。

View Detail

現代人に多い心の病気

カウンセリング

鬱病に罹っている人と接する時に大事なのは、相手をやさしく受け入れてあげることです。頑張れとか激励するよりも、労ることが大切です。そして周囲の人が早めに症状を察知して、専門医の診察を受けさせることが必要です。いつも明るい人が急に暗くなったり、悲観的になった時は要注意です。

View Detail

メジャーな気分障害とは

医師

鬱病に対する理解は平成の日本で益々拡大しています。漫画や映画と言ったエンターテインメント文化で鬱を取り上げたものが増えており、そうした作品のお陰で症状に対する理解も深まっているのです。鬱病にはいくつかの種類が存在しており、罹患した場合自分にあう治療を受ける事が大切です。

View Detail

心を病むという事

医療

深刻化している病気

鬱病と言いますと、現代におきましては、特に医療に関わっていない人でも、一度は聞いた事があると言える病気だと言えます。 これは人の心を病むもので、その症状は主に、無気力感、虚脱感といったものがあげられます。 またどのようなものにおきましても、否定的でやる気にならないというものもあります。 そして最悪の場合は、自殺願望を抱いてしまう事もあるために、それは決して軽視していいものではありません。 しかしこのような心の病気は、えてして目に見える肉体の病気と異なり、なかなか病気として自覚しづらいものです。 実際に鬱病になった人でも、自分は鬱病であると自覚できる人は、多くはありません。 大抵の場合は、その無気力感、虚脱感がひどく、日常生活に悪影響が出るレベルまで来た時に、そこでようやく事の重大さに気がつき、専門家の診断を受けて、初めて知るというケースがほとんどなのです。 そのため、この病気の治療は、決して簡単ではないのです。 事実、軽度の気分の落ちこみや、疲労感というものは、誰にでもあるものですし、それと精神医学上、鬱病と診断されているものとの相違は、明確ではないからです。 その症状が軽微であったとしても、それが鬱病の初期症状である場合もありますし、それで一時的な気分の落ちこみなのか、それとも鬱病であるのかは、素人判断では、明確にできないのです。 ですから大抵の場合は、専門家に診察されるまで、自覚はできないのです。

初期の段階で治療を

しかしどのような病気であっても、その治療において命となるのは、初期症状の段階での早期発見です。 これは肉体の病気、例えば癌等は、初期の段階での発見と治療で、その治癒率に大きな差が出るのは、有名な話ですが、これに関しましては、精神の病気も、同様なのです。 鬱病の早期発見と適切な治療行為は、その後の回復に大きく影響しますので、やはりここで言えるのは、いかにして鬱病の症状を早期で発見するべきか、という事です。 これに関しましては、原則として、おかしいと思ったら、なるべくカウンセリングを受ける習慣をつけるというものがあります。 これは、精神病院でもカウンセリングルームでも、とにかくやたら気分が落ちこんで、何もしたくないという感情が感じられるようになった場合には、専門家のところに足を運んで、カウンセリングを受けるくせをつける事です。 こう言いますと、抵抗を感じる人もいるでしょうが、こうした習慣は、たとえば欧米では特に珍しいものではありません。 そこでは気分が優れないと感じた場合には、気軽にそうした専門家を尋ねて、カウンセリングを受ける事に、まるで偏見がないのです。 こうした習慣に関しましては、日本でも見習うべきでしょう。それくらいに精神の病は、肉体の病となんら変わる事のない、深刻な問題だからです。 今の時代は特に、心の時代と言われています。そこまで意識されながら、その一方でないがしろにされているというのは、決して良い傾向ではないのです。